スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりなき世のめでたさよ

八芳園にて、大学時代の友人の結婚式に出席。会社の部長にハイタッチする新郎。なんてフランクな会社なの。涙、涙・・の結婚式ではなく、笑いが絶えない結婚式。不器用ですが芯が強い男なんで、きっとこれからいいオヤジさんになるでしょう。また頻繁に飲みにいける友人を失ったかなと思うと、時の流れを強く感じ。おめでとう。家族を大事にね。


引き出物が今はカタログから選べる時代なんですね。漫画やら日帰り温泉入浴券やら緊急避難セットやらハムやら

残るものがいいと思うんで、じゃあとりあえずウクレレを選んでみました。また練習三日坊主の予感です

子犬会議第三回目も終わり、打ち上げにだけ参加してみました。会場の皆は、笑ったり泣いたり叫んだりしんみりしてみたり。たぶん第四回目は自分はコンビで一ネタ・・という事情になりますが、レベルアップして続いてほしいもの。

ようやくコント公演「トラウト・マスク・レプリカ」終わりました。
ご来場の皆様、本当にありがとうございました。



通勤時に京王線に乗る。
そこでフッと読売新聞の車内広告が目にとまる。
編集手帳というコラムの文の抜粋だ。

誰もいない教室で男の子が外を見ている写真に添えて


ひとの心を傷つけて喜ぶ
心さびしき者に
聞く耳はなかろうから、
中傷された君に言う。

蠅(はえ)たちの集まりでは、
蝶(ちょう)も「キモイ」と
陰口をたたかれるだろう。
心ない者たちのうちにも
自分と同じ美しさを探しつつ、
君はひとり、
大人になればいい。



見下すまでの必要はないが、誇りを持って生きてほしいという事。
眠れない夜を過ごしてる子達への文

他の方のブログを見てたら、この同じコラムに谷川俊太郎さんの詩の一部が掲載されてたらしい。その方は調べて、詩の全文を掲載してた


「成人の日に」 谷川俊太郎

人間とは常に人間になりつつある存在だ/かつて教えられたその言葉が
しこりのように胸の奥に残っている
成人とは人に成ること もしそうなら
私たちはみな日々成人の日を生きている
完全な人間はどこにもいない
人間とは何かを知りつくしている者もいない
だからみな問いかけるのだ
人間とはいったい何かを
そしてみな答えているのだ その問いに
毎日のささやかな行動で
人は人を傷つける 人は人を慰める
人は人を怖れ 人は人を求める
子どもとおとなの区別がどこにあるのか
子どもは生まれでたそのときから小さなおとな
おとなは一生大きな子ども
どんな美しい記念の晴着も
どんな華やかなお祝いの花束も
それだけではきみをおとなにはしてくれない
他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ
自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ
でき上がったどんな権威にもしばられず
流れ動く多数の意見にまどわされず
とらわれぬ子どもの魂で
いまあるものを組み なおしつくりかえる
それこそがおとなの始まり
永遠に終らないおとなへの出発点
人間が人間になりつづけるための
苦しみと喜びの方法論だ


そのブログを書いている方はお父さんらしく、これら2つの文をこどもたちに伝えるべきものだとも。


人の子を持つ親御さん方
そして親になるであろう方々
願わくばお子様方に
この文章を




谷川さんの詩集を、今度読んでみよう

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

プロフィール

いとう緑茶

Author:いとう緑茶
いとう緑茶(いとうりょくちゃ)って読むらしいですよ、たぶん)という名前で声優業をちょこちょこ。
twitterは@siropaaでいたりなんかしてまして。
朗読集団☆ボイスドリル所属
朗読集団☆ボイスドリルのらじどりっ

http://www.voiceblog.jp/voice03dri11/

ブログでは敬称略の場合もございますので、ご容赦いただければ
まずはひとまず。
よろしくどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。