談志師匠

長い文になっちゃった。ご勘弁

落語立川流家元、立川談志師匠が亡くなった。

兄が特にファンだったが、その関係で僕も家元が出ている落語会によく行ってた。本も買って読んだり、CDやDVDも買ってたりした。


落語会ではいろんな噺を聴いた。

最初は10年前、浅草東洋館でやってた快楽亭ブラック師匠の独演会にて、「三人旅発端」やってたかな。
へえ、談志さんだとその時は思っただけだった。

その次の忘れもしない、2001年12月21日土曜日。会場は新橋有楽町よみうりホールビックカメラ7階。19時半から。
大ネタ「芝浜」。なぜかその日は兄がチケットをおごりでとってくれて、家族で観た。

落語は笑点、大喜利だろ、熊さん八つぁん、ご隠居さん、与太郎だろしょせん。そんな風に思っていた。ナメきっていた。

終わったら泣いてた。家族の前なのに。落語なのに。落語に凄味の要素がある、熊さん八つぁんは氷山の一角の一角だった。談志師匠と志ん朝師匠の高座を見せてくれた事は、悔しいが兄に感謝しなければならない。


それから20代は落語を観る日が続いた。町田ではジェットコースターのような「居残り佐平次」、二年連続でみた「芝浜」、海老名で見た言い立ての宝庫「蝦蟇の油」「大工調べ」、横浜にぎわい座での「黄金餅」、枝雀師匠を連想する「金玉医者」、にっかんとびきり落語会での先代三平師匠への愛もみえる「源平盛衰記」、、「慶安太平記」「堀の内」「へっつい幽霊」「やかん」「孝行糖」「天災」「松曳き」

素敵でした。結構でした。綺麗でした。特に、噺が終わった後の長々としたおじぎ。柳家のDNAがそこに脈づいていた。

何をしだすかわからない、危険なトーク、ものすごいお弟子さんを数多く育てた、気が向かないと帰ってしまったりするが地方の落語でも手を抜かない、落語を「人間の業の肯定」ととらえてテーマを持って落語をやっていた、笑点の発案者兼初代司会者、名著「現代落語論」、数えきれない功績はテレビや他の方のブログで紹介されている。

これはあまり紹介されてないかもしれないが、家元は一年に一回やるかやらないかのファンサービスイベントを行う。

それは根津の自宅マンションの前でガレッジセール。談志の私物を、家元本人が売る。鍋やら工芸品やら談志千社札やらカオスな売場だった。物がいっぱい置いてあるビニールシートに家元がデンと座ってる。

気がのったら家元がサイン色紙や木札にいろんな言葉を書いてそれを売る。談志ファンはそれを買う。

中には書いてくれる内容をファンがリクエストしたりする。談志十八番の落語タイトルを書いてください、昔の銀幕スターを書いてください、昔の芸人を書いてください、、書いたり書かなかったり。書いてくれたら数千円、中には一万円のお値段となって売られる。

一方、自分の持ってたぬいぐるみを、数人いたちっちゃい子供たちに笑顔であげたり十円で売ってたりした。物価がわかんないことになってた。

気がのると、、その、、なんていうんですか、、よく落書きで男が、、女性の、、秘所ってんですか、、そのマークを書いたりしてた。

なによりすごいのは、そのマークを息子さんとその奥さんと、自分の小さいお孫さんの見てる前でそれを書いてたんだよ。僕はその色紙を三千円で買った。

ただ、すぐ後に、秘所マークに茎と葉がついてる色紙も出た。それは他の人に四千円で買われてしまった。悔しい

僕が好きなのはこの木札




初雪や 狸がみてる クリスマス

いろんな漫画家さんやイラストレーターさんに描いてほしい一句

思えば世代が同じだったのか、家元はどこか母方の祖父に少し似ていた。祖父にかわいがられた兄は、自覚もあったが、そういう意味で惹かれていったからかもしれない。


待ってました!

イヨッ、家元!日本一!

はにかみながら、居心地悪そうにしながら向こうで一席やってるのだろうか

奇しくも12月21日がお別れ会

名人、鬼才、落語中興の祖。
トリックスター、ジョーカー。
日本一の芸人。
芸と芸人を愛していた評論家。

どれもたぶん言い足りない。

やってきた事が多いし、現在進行形で進化してた人だったし

本当にありがとうございました。

向こうもチケット予約しようとしても、なかなかとれないんだろうなあ
スポンサーサイト
プロフィール

いとう緑茶

Author:いとう緑茶
いとう緑茶(いとうりょくちゃ)って読むらしいですよ、たぶん)という名前で声優業をちょこちょこ。
twitterは@siropaaでいたりなんかしてまして。
朗読集団☆ボイスドリル所属
朗読集団☆ボイスドリルのらじどりっ

http://www.voiceblog.jp/voice03dri11/

ブログでは敬称略の場合もございますので、ご容赦いただければ
まずはひとまず。
よろしくどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード