スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァQ(ネタバレかもしれないんで)

いやー、見てきましたよ!エヴァQ


「序」「破」ときて、三作めの「Q」
2時間があっという間



アスカの「破」でのありとあらゆる事象に対する無関心の状態から…と比べての気持ちの変化

アスカとマリが、ミサトとリツコのようなバディ化という時の流れ

シンジの揺れダメッぷり、それに対するアスカがジャイアンの母ちゃん化

なんといってもカヲル君の華麗さエロス

え!?あの娘がこの組織に?

冬月さんの渋さ

部屋とピアノと将棋

レイの部屋がびんぼっちゃま化?

いやー、なかなかでした

シンジがいろんな背景・真実の情報を入手できたというのがテレビ版の世界と大きく異なるキーポイントなのかと

不満だよ!って人もいらっしゃるかもしれない

落語のような一つの古典ネタを、違う演者がいろんな角度や結末を違うように演じてたものを何度か見てたぼくのような人間からすると、今回はこんな解釈・見せ方かーと楽しめた気がします


その前のおまけ上映だった「巨神兵 東京にあらわる」も豪華スタッフでグッとくる作品でした



話はかわりますが、エヴァQみた後、家で録画したエウレカセブンAOの最終回スペシャルもみて


これはエヴァとは逆で、綺麗な絵に描いたハッピーエンド

エウレカとレントンの、息子に流した親バカ涙がもう愛おしくて

落語で例えていえば

エヴァQは黄金餅やたがやのような、あまり救いがないみたいだけどこう来たか!っていう噺のようなエッジ

エウレカセブンAOのラストは芝浜や文七元結の人情噺のようなカタルシス


日本人でよかった…と思う瞬間でした
スポンサーサイト
プロフィール

いとう緑茶

Author:いとう緑茶
いとう緑茶(いとうりょくちゃ)って読むらしいですよ、たぶん)という名前で声優業をちょこちょこ。
twitterは@siropaaでいたりなんかしてまして。
朗読集団☆ボイスドリル所属
朗読集団☆ボイスドリルのらじどりっ

http://www.voiceblog.jp/voice03dri11/

ブログでは敬称略の場合もございますので、ご容赦いただければ
まずはひとまず。
よろしくどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。