交差する

iphoneの使い方がいよいよわからなくなってきました。
混迷をきわめてます。
石垣島・竹富島近辺に夏行きてえなどという逃亡計画をはかりつつ、寒さに震えています。


こういう日記を書いてくのはなんだかちょっと気がひけるが、また弔報になる。
昨年末、劇団あぁルナティックシアターのNC赤英さんと、石川弘義先生が亡くなっていた。


あぁルナの芝居は一度川崎で観に行ったが、この時NCさんが出ていて、狂気を感じる桂小枝なんてぇなぁ印象があった。芝居にはけっこう熱い人で、鬼軍曹的な役割だったそうだ。
小劇場の人が亡くなると、どうもちょっと身近な人が亡くなった気がいささかする。

42歳、ガン。早い。


石川先生の授業というかゼミに2年間出ていた。
ゆったり低く発した声。江戸前の了見を感じさせるおっさん。荒川に住んでたらしい。
専門は社会心理学。大衆文化・セクシュアリティ・広告・死・ジャーナリズムととにかく間口が広かった。


Googleで著作を調べる。「欲望の戦後史」「欲望の考現学」「欲望の構造」「日本人の性」「大衆文化事典」「マスタベーションの歴史」「広告からよむ女と男」「死の社会心理」などなど。
南博さんの社会心理研究所にもいたなんて知らなかった。

先生の専門が「性」なもんだから、日本のマスターベーションについての講義ってのを、先生も含めた参加したみな、やや半笑いで受けてた記憶がある。
一回お酒を飲んでみたかった。昔の落語や芝居もきっと見てたんだろうなあ。大学の先生を辞め悠々自適で暮らしてるって話を聞いてた。

送る会が2月14日に都内で。
バレンタインデーだなんてなんだか先生らしい。参加しよう。
76歳、肺炎。



年末の話。中学での同級生だったゲゼと16年ぶりに再会。マスターどうしてんのかなあと思ってもいたんで、白楽イージーバレルにて。
彼は今テレビの編集をしてるらしくスマートになった感じだったが、中学生の時とあまりかわってなかった。もともと話しやすい人だったから、ポツポツマニアックな感じで、一緒にダラダラ飲んでた。


そこから同級生の新里明士という男の話へ。彼は今、岐阜で陶芸家をやってるらしい。国際大会で賞もとって、イケメンになって家庭ももってるらしい。若手のホープで八重原中学同級生では一番のスターだ。

けしからん話だ。
やばい。
お金をせびってこなきゃ。


先日実家に帰った時、親父が絵画、兄が陶芸作品を買うのにハマッてて(イヤな成り上がり方の一家…)新里の作品を買って来いと指令が来たんで、いつか買ってこなければなるまい。

彼の逃げパンチ(文字通り横っとびして逃げつつパンチを放ってくるのだが、これがけっこう重くて痛い)を浴びることになるかもしれぬが、その時は作品を全部叩き割って逃げてこよう。
その時はゲゼ、たくみんあたりは強制参加でお願いします。逃げパンチから逃げられる確率を少しでも減らしたいんで。


雑誌で見たら、光の器とかいうテーマで陶器を作ってて透き通って清潔な荘厳なんかねえってな感じの作品らしいですな。こりゃあモテるわ。現に作品見て、ちょと俺も抱かれたくなってきたもん。

ま、いつの事やら
楽しみだ
いろいろあって
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

いとう緑茶

Author:いとう緑茶
いとう緑茶(いとうりょくちゃ)って読むらしいですよ、たぶん)という名前で声優業をちょこちょこ。
twitterは@siropaaでいたりなんかしてまして。
朗読集団☆ボイスドリル所属
朗読集団☆ボイスドリルのらじどりっ

http://www.voiceblog.jp/voice03dri11/

ブログでは敬称略の場合もございますので、ご容赦いただければ
まずはひとまず。
よろしくどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード